酔芙蓉’09.9.27阿蘇村久木野にて

酔芙蓉’09.9.27阿蘇村久木野にて

青い蜂と花(’09.9.27)久木野にて

青い蜂と花(’09.9.27)久木野にて

災害は忘れた頃にやって来る

この夏は初め雨の日が多かったが、連日、猛暑の夏と一変した。
広島・長崎をはじめ、終戦の日本の廃墟はこのように暑かったのであろう。
連日の猛暑は、当時の苦難の一端をしのばせてくれる。
じっとしていても汗が滴り落ちるが、
当時に思いを馳せれば何のことはない。
ニイニイゼミに始まりクマゼミ、アブラゼミと連なり、
ツクツクボウシのなく頃になると、それでもかすかに秋の気配を感じる。
9月1日は防災の日である。87年前の関東大震災を教訓に、
台風など災害が多発するこの時期に定められたと聞く。
国も企業も家庭でも、自らの身は自ら守る気概が一番大切と感ずる。
今の政治は、あらゆる意味において本当にこの国を守れるのか、
その真価が問われる昨今である。
皆さんお元気で・・・

平成22年9月1日
みなとタクシー株式会社
代表取締役社長 古野 浩