神郡宗像みあれ会研修旅行(2015.10.13)

神郡宗像みあれ会研修旅行(2015.10.13)

神郡宗像みあれ会研修旅行(2015.10.13)

神郡宗像みあれ会研修旅行(2015.10.13)

宗像を中心とする異業種の会(神郡宗像みあれ会)

の一員として、立山黒部アルペンルートに行かせて頂きました。
富山県黒部川上流に建設された日本一のアーチ式コンクリート黒部ダム。
あの三船敏郎と石原裕次郎が共作・共演した「黒部の太陽」
の現場である。想像を絶する過酷な大自然を相手に、工事の着工は
無謀な挑戦と言っても過言ではあるまい。
1956年から実に7年の歳月、513億円(当時)と
延べ1,000万人が投じられた。特に、岩が細かく割れ、地下水を溜め込んだ軟弱な地層は「破砕帯」と言われ、艱難辛苦と死闘の連続だったと言う。
80数mを掘削するのに9ヶ月間要した。我が国の知識と技術と人々の連携はオールジャパンと言われ、時として偉大な力を発揮する。
1963年竣工。
186m下の谷底に放水される毎秒10トンの飛沫に、特大の虹を見る。
轟音に、地底から、かかわった人々と171人の尊い殉職者の方々の歓喜の声を聞く。
皆さんお元気で・・・

平成27年11月1日
みなとタクシー株式会社
代表取締役社長  古野 浩