「コロナ禍の この山を 越えきるか?」

 

自然の営みは、広大無辺で人知では計り知れない。

2021.2.18本社営業所午前6:20 本社移転1周年記念日の日

コロナ禍の中に有っても自然界は季節を受け止め

日々刻々と変化している。その意味において

日本列島は地球上で恵まれた位置に在るのだろうか?

国内、至る所で動植物による春の到来を見聞する。

創立以来67年間、1年365日24時間、無線室に管理者がいない時はありません。使命感がそうさせます。特に異常気象時は お役に立ちたい気持ちが強いです。運行管理の難しさを感じる時でもあります。

移り行く季節の微妙な変化をいつくしみ、

文化として育ててきた日本人の感性は、繊細で豊かと思う。

あらゆる物創りに、その精神が生かされているのが嬉しい。

先人が乗り越えてきた困難の数を思えばまだ頑張れる。

忍耐力、協調性を受け継ぎこのコロナ禍を全社員と乗り越えたい。

皆さんお元気で・・・

令和3年3月1日 みなとタクシー株式会社 会 長  古野 浩